【新商品情報】 高精度に“瞬間3D測定”白色干渉3D変位計「WI-5000シリーズ」発売。詳細は こちら!

渦電流式変位センサ

渦電流式変位センサとは?

渦電流式変位センサとは、高周波磁界を利用し、金属体との距離を測定するセンサです。

渦電流式変位センサの特長
  • 高分解能、高精度での測定が可能
  • 耐環境性が抜群に良く、油や埃などの汚れによる測定誤差もありません。
  • センサヘッドが小型

渦電流式の測定原理

センサヘッド内部のコイルに高周波電流を流して、高周波磁界を発生させます。
この磁界内に金属体があると、電磁誘導作用によって、対象物表面に磁束の通過と垂直方向の渦電流が流れ、センサコイルのインピーダンスが変化します。
渦電流式変位センサは、この現象による発振状態の変化により、距離を測定します。

キーエンスの代表的な渦電流式変位センサはこちら

渦電流式変位センサ

高速・高精度デジタル変位センサ EX-Vシリーズ
油・埃が飛散する悪環境でも金属体を高精度に安定検出 今すぐカタログを見る

見積、詳細説明、各種ご相談

お見積りはもちろん、導入のご相談や、機種選定、設置方法の確認など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
専門のセールスエンジニアがお答えいたします。

キーエンスに相談する

キーエンスの渦電流式変位センサラインナップ

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説