超音波式変位センサ

超音波式変位センサとは?

センサヘッドから超音波を発信し、対象物から反射してくる超音波を受信することで距離を検知するセンサです。

超音波センサの特長
  • 透明体、メッシュワークなどあらゆるワークの検出が可能
  • 対象物の色による影響を受けない
  • 最大10mと長距離検出が可能

超音波式の測定原理

超音波式センサは、発信から受信までの「時間」を計測することで対象物までの距離を測定しています。

距離をL、発信から受信までの時間をT、音速をC とすると、
距離 L=1/2×T×C
の計算式で求めることができます。(T は往復の時間ですので、1/2 をかけています)

キーエンスの代表的な超音波式変位センサはこちら

超音波センサ

デジタル超音波センサ FWシリーズ
ワークを選ばず検出可能。
ミスト、汚れにも強い耐環境センサ。 今すぐカタログを見る

見積、詳細説明、各種ご相談

お見積りはもちろん、導入のご相談や、機種選定、設置方法の確認など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
専門のセールスエンジニアがお答えいたします。

キーエンスに相談する

キーエンスの超音波式変位センサラインナップ

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説