【新商品情報】 微細欠陥の検出能力を大幅強化した画像処理システム「XG-Xシリーズ」登場。詳細は こちら!

レーザ式変位センサ

レーザ式判別センサとは?

センサから発光されたレーザ光を元に、対象ワークの位置/高さや外径を検知できるセンサです。
そのレーザ光の受け取り方により、レーザ式判別センサは反射型センサと透過型センサの大きく2種類に分類できます。

レーザ式判別センサの特長
  • 非接触で測定ができる
  • 小スポットの検出が可能
  • 長距離検出が可能(最大3.5m)

反射型センサの測定原理

左図のように、対象物にレーザ光を照射。反射した光は受光レンズにより集約され、受光素子へと結像されます。
対象物との距離が変動すると、受光素子上に結像される位置が変化するため、この変化量を対象物の移動量に変換し、計測しています。

透過型センサの測定原理

※IGシリーズの場合

特殊レンズで平行にしたレーザ光を送り出し、内蔵されているCCD素子で受光します。 物体が平行光を遮ると、物体の大きさに比例した影が発生します。 この影の大きさ・位置をCCD上で検知し、寸法やエッジ位置に変換して測定します。

キーエンスの代表的なレーザ式判別センサはこちら

判別センサ 総合カタログ

反射型センサ

反射型レーザセンサ ILシリーズ
色・角度・表面状態に影響されない!
多彩な用途で安定検出を実現。 今すぐカタログを見る

透過型センサ

透過型レーザセンサ IGシリーズ
エッジ、外径、内径、隙間など多彩な測定モード。透明体でも安定検出。 今すぐカタログを見る

見積、詳細説明、各種ご相談

お見積りはもちろん、導入のご相談や、機種選定、設置方法の確認など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
専門のセールスエンジニアがお答えいたします。

キーエンスに相談する

キーエンスのレーザ式変位センサラインナップ

反射型変位センサ

透過型変位センサ

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説