寸法 / 外径 / 投影画像測定器

シルエットでとらえて精度保証 インライン投影画像測定器 NEW TM-X5000シリーズ

寸法 / 外径 / 投影画像測定器の商品一覧

生産終了品:

投影画像 / 寸法測定器

インライン投影画像測定器 TM-X5000 シリーズ

TM-X5000 シリーズ - インライン投影画像測定器

インライン投影画像測定器 TM-X5000シリーズは、ラインの動きを止めることなくワークのシルエットを捉え、高速かつ正確な測定を実現します。投光側・受光側ともにテレセントリック光学系を採用することで、エッジをシャープに撮像。対象物の位置ズレがおきても精度が変化せず、被写界深度最大±15mmでスペックを保証します。ひずみの少ない低ディストーションレンズと独自アルゴリズムにより、照明・対象物の位置調整やキャリブレーションが不要。校正証明書の発行も可能です。組み合わせが100通りを超える豊富な測定を実現するツールを用意し、寸法測定・幾何公差測定・マスター比較・異物距離測定など、インライン検査に必要とされる内容に簡単設定で対応します。

ワークの位置ズレがあっても正確に測定

投光部から高輝度なグリーンLEDの平行光を照射し、受光部で陰影を高感度・高解像度CMOSに結像。結像された情報から寸法などの測定を高速・高精度に行います。TM-X5000シリーズは、投光側・受光側の両方に専用設計のテレセントリックレンズを搭載し、光の平行性を極めたことで、高い安定性と精度を実現しました。このWテレセンシルエット方式を採用することで、エッジをシャープに撮像でき、対象物の位置ズレがおきても精度が変化しません。被写界深度最大±15mmでスペックを保証します。また、露光時間100μs(従来比1/10)を実現しているため、高速搬送中のワークを止めなくてもシルエットがブレず、安定した測定が可能です。

一般的な光学系 位置がズレるとエッジがぼける TM-X5000 位置がズレてもエッジがシャープ

視野全域を精度保証

視野全域のひずみを抑えて撮像できる低ディストーションレンズを採用。加えて、独自のアルゴリズム処理により、対象物の位置を気にせず測定が可能です。従来は時間と手間を要した、照明・対象物の位置調整・キャリブレーションは不要です。また、原理上平行な光しか受光しないWテレセントリック光学系の採用により、外乱光に強く、熱膨張によって受光素子が移動しても結像した像の大きさが変化しにくい構造を実現。温度変化の影響も最小限に抑えます。さらに、信頼性の高い測定を行うため、国家(国際)標準へのトレーサビリティを確保し、校正証明書で視野全域を精度保証します。もちろん、測定位置および繰り返し精度に対し精度(正確性)保証した状態で出荷します。

一般的なレンズ 周辺部でひずみが生じる TM-X5000のレンズ 視野全体でひずみが少ない

2次元高速寸法測定器 TM-3000 シリーズ

TM-3000 シリーズ - 2次元高速寸法測定器

世界ではじめてインラインでの投影寸法測定を実現した、2次元高速寸法測定器 TM-3000シリーズは、複数ポイントの外径や段差の同時測定が可能で、インライン/オフラインの両方で使えるマルチ外径測定器です。高輝度LEDとWテレセントリック光学系を採用し、照明に左右されず繰り返し精度±0.15μmを実現。点ではなく面で測定するため、最外径や角度なども瞬時に測定できます。また、対象物の姿勢を認識し、自動補正するため、より正確な測定が可能です。高速2次元処理専用のプロセッサに加え、高速演算CPUと画像処理専用DSPを2個搭載し、並列処理することでインラインでの高速測定を実現。15種類の基本測定モードと8種類の補助測定モードを組み合わせて多種多様な寸法測定に対応します。

測定の可能性を最大限に拡げる「マルチ投影寸法測定器」

歪みのない平行光からシルエット測定。透明・不透明、光沢有無によらず高精度に寸法測定可能。

複数箇所同時測定 高精度 高速

現場で威力を発揮する豊富な測定モード

インライン・オフラインを問わず、幅広いシーンで高速・高精度な測定を実現します。

多段金属シャフトの多点外径測定

ロールの外径測定(傾き補正機能)

大型ワークの外径測定

インデックス搬送時の角度・同軸度

工具の振れ・寸法測定

引っ張り試験時の伸び・細り変動量測定

ロールプレス後の厚み測定

チップのXY寸法測定

ガラステーブル上のワークの内径測定

外径測定器

超高速・高精度寸法測定器 LS-9000 シリーズ

LS-9000 シリーズ - 超高速・高精度寸法測定器

超高速・高精度寸法測定器 LS-9000シリーズは、16000回/秒の高速サンプリングと±0.03μmの繰り返し精度、そして独自の光学設計により駆動部を排し長寿命な高輝度LEDを採用することで、高い耐久性を実現しました。高速性・高精度・高耐久性により、シーンやワークの材質を選ばず、インライン/オフラインで安定して測定可能です。3つのCMOSを搭載し、高速露光に対応しました。それにより、たとえば線材などのワークが振れてしまう場合もしっかり撮像でき、正確な測定が可能です。また、ワークの姿勢を認識して測定値を補正するため、傾きによる誤差が生じません。さらに、IP67の耐環境設計でエアパージユニットを標準搭載し、汚れや温度変化に強いため、さまざまな環境に対応します。

現場の測定で必要な性能を追求

LEDカメラ方式が実現する圧倒的な実力と耐久性。

クラス最速 高精度 高耐久性

あらゆるシーンで抜群の対応力

圧倒的な速度、精度、耐久性により、シーン、素材を選ばず安定した測定を実現します。

ロールの多点同時外径・振れ測定

クランクシャフトのジャーナル径測定

悪環境でのX-Y同時外径測定

ガラス管の外径測定

複数ワイヤのピッチ・外径同時測定

シートの蛇行・幅測定

ガラスの位置決め

ウエハの外径測定

ローラーギャップの測定(ミラー曲げ)

高速・高精度デジタル寸法測定器 LS-7000 シリーズ

LS-7000 シリーズ - 高速・高精度デジタル寸法測定器

高速・高精度デジタル寸法測定器 LS-7000シリーズは、駆動部を持たない独自の光学システムを採用し、高速・高精度・高耐久を実現しました。一般的なレーザスキャン方式の測定器ではモータでポリゴンミラーを駆動させる一方、LS-7000シリーズは、高輝度GaNグリーンLED光源とテレセントリックレンズ、受光素子HL-CCDを駆使した独自開発の光学系を採用し、高速・高精度に測定できるだけでなく、高耐久・長寿命で安心して運用できます。また、常時露光のため検査モレがなく、検査の厳格化とタクトアップが可能です。さらに、CMOSモニタカメラを測定部に搭載し、測定状態をモニタ上に表示できるため、対象物の位置合わせや測定状態の確認を簡単に行うことができます。

新光学システム採用による駆動部レスで高耐久・長寿命を実現

キーエンス独自の光学設計により、駆動部が全くありません。
また光源はLEDを採用しているためサージノイズによる劣化がなく、現場で長く安心して使用可能です。

新光学システム採用による駆動部レスで高耐久・長寿命を実現

LS-7000シリーズ

レーザースキャン方式

常時露光による検査モレゼロを実現

常時露光のため、レーザスキャン方式のような検査モレがありません。
製品の微細化に伴う検査の厳格化、製造タクトの短縮に伴うラインの高速ニーズに幅広く対応します。

露光時間内の平均値測定するので、
一時的な変動も逃しません

レーザスキャンの軌跡からはずれた
変動は、検出できません

生産終了品

レーザ寸法測定器 LS-5000 シリーズ生産終了

LS-5000 シリーズ - レーザ寸法測定器

大径測定も可能なレーザスキャン式外径測定

レーザ変位計・測定器を選ぶ

用途から選ぶ

業界から選ぶ

寸法 / 外径 / 投影画像測定器とは

寸法測定器/外径測定器/投影画像測定器とは、対象物が受光側と投光側の間を通るときに、寸法を測定する装置のことです。
「外径測定器」は、常時露光で光が透過する位置の変位から外径寸法などを測定します。「投影画像測定器」は、インラインで使用できる投影機の一種で、高速露光で撮像した対象物全体のシルエット画像から寸法を測定します。
一般的に投光側の光源には、直進性の高い半導体レーザー、または高輝度LEDが用いられます。
受光器や投光器に高機能なテレセントリックレンズを採用した測定器であれば、視界全域のひずみを最小限に抑え、駆動部がなく長寿命かつ高耐久なLED光源の平行光のみを受光できるため、高精度かつ安定した測定が可能です。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器のメリット

寸法 / 外径 / 投影画像測定器のメリット1:インラインで投影・寸法測定が可能

高速な投影画像測定器であれば、ラインを止めることなく動いているワークの投影画像を瞬時にとらえて複数箇所のさまざまな寸法測定が可能です。それにより、検査タクトを飛躍的に短縮することができます。

高輝度グリーンLED光源と投光側・受光側の両方にテレセントリック光学系を備え、高感度CMOSを採用したインライン投影画像測定器 TM-X5000シリーズであれば、高速搬送されているワークを止めることなく、エッジをシャープにとらえたシルエット画像で正確な寸法測定が可能です。また、豊富な測定ツールの組み合わせにより、複数の測定箇所・多様な検査項目に一括対応します。従来の投影機などオフライン専用の寸法測定器ではあきらめていた全数検査も、タクトタイムに影響することなく実施することができます。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器のメリット2:位置ズレに強くインラインでも安定

投影画像測定器をインライン使用する場合、搬送中の位置ズレによる投影画像のブレやピンボケの懸念がありました。被写界深度が大きい投影画像測定器なら、ワークのシビアな位置合わせ不要でエッジをシャープに捉え、安定した測定が可能です。

投光側・受光側の両方にテレセントリック光学系を採用した、インライン投影画像測定器 TM-X5000シリーズは、ワークの位置ズレがおきても精度が変化せず、被写界深度最大±15mmでエッジを正確にとらえることができます。また、ひずみの少ない低ディストーションレンズと独自アルゴリズムの採用により、ワーク位置はもちろん、照明などキャリブレーションが不要です。位置ズレによる測定誤差やエラー、それによる歩留まり率低下を未然に防ぐことができます。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器のメリット3:連続した外径測定で検査モレなし

外径測定器を用いたインライン寸法測定では、線材や押出し成形品、シートなど、線や棒、ウェブ状のワークを連続して測定することができます。常時露光により測定が途切れないため、検査モレや不良箇所の見逃しが生じません。

外径測定器は、連続して外径寸法を測定することができます。もちろん、検査モレや異常箇所の見逃しをなくすには、安定した測定が求められます。レーザスキャン方式の透過型寸法測定器の場合、スキャンラインの軌跡からはずれたタイミングでは、変動を検出できず、微細なワークでは検査モレが生じてしまうことがあります。一方、高輝度グリーンLED光源を用いた高速・高精度デジタル寸法測定器 LS-9000シリーズ、LS-7000シリーズは、露光時間内の平均値を測定するため、値の一時的な変動も逃しません。それにより検査モレをなくし、緻密な測定が可能となります。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器の導入事例

ティグ溶接ロボットのタングステン電極先端の形状検査

溶接ロボットを長時間連続で稼働させていると、電極先端の角度や曲がりなどの形状変化が生じ、溶接不良の原因になります。そこで、溶接ロボットのブース内にインライン投影画像測定器 TM-X5000シリーズを設置。電極先端にかかる負担を考慮し、たとえば50回の連続溶接ごとに1回、TM-X5000シリーズの信号光に電極先端を通過させるモーションを追加します。TM-X5000シリーズは、動いている対象物もブレずに形状測定が可能なため、タクトタイムへの影響を最小限に抑えながら、電極形状の変化を正確にとらえ、溶接不良を未然に防ぎます。溶接のほかにも、さまざまなロボットや自動機のツールの形状検査に活用可能です。

インジェクタの多点外径測定

インジェクタは複数の部品が組み付けられているため、検査には複数箇所の外径測定を要します。通常の外径測定器では、複数台設置して複数箇所を測定したり、多点を測定するために測定器を動かしたりといったことが必要になるため、導入費用や検査タクトが増加してしまいました。また、測定器としての精度を保証するため、測定器を動かす機構の保守・メンテナンスにも、手間や時間がかかっていました。投影画像測定器であれば、一瞬で視野内の複数箇所の外径を測定することが可能です。さらに、外径のみならず、同軸度など複数の測定項目を同時に検査することができます。

ガラス基板(透明体)の位置決め

ガラス基板のアライメントには高い精度が要求されます。これまで一般的に画像処理のみを用いてアライメントが行われていました。しかし、透明体の位置決めは難易度が高く、精度を維持しながらタクトアップを図るには、プリアライメントを行うなどアプリケーションが煩雑化することが課題でした。超高速・高精度寸法測定器 LS-9000シリーズは、透明体測定モードや2段階エッジ検出しきい値設定機能により、薄いガラス基板のエッジ形状に対しても、シンプルなアプリケーションで安定した測定・位置決めが可能です。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器に関するよくあるご質問

インライン投影画像測定器 TM-X5000シリーズの露光時間は100μs(0.1ms)と短時間であるため、速いライン搬送を止めることなく高速にブレなく2次元投影画像をとらえ、ワンショットで最大100項目まで同時測定することが可能です。100通り以上の組み合わせが可能な豊富なツールを使って、複雑形状の外径・幅・高さ・R測定などはもちろん、たとえば、複数のネジ山それぞれのピッチや高さ・角度などもインラインでとらえた投影画像から一括で測定することができます。
インライン投影画像測定器 TM-X5000シリーズは、基本ツール・要素ツール・補助ツール・応用ツール・幾何公差ツールからアイコンを選んで組み合わせる直感的な操作で、目的の測定項目を設定することができます。幾何公差ツールでは、真直度・真円度といった形状公差や直角度・平行度といった姿勢公差、位置公差である同心度が選択でき、他のツールと組み合わせて指定することにより、さまざまな図面指示項目をインラインで検査することができます。また、品種判別に便利なマスター比較や外観検査に便利な異物距離測定など、インライン検査に必要とされる測定内容に幅広く対応します。
超高速・高精度寸法測定器 LS-9000シリーズは環境基準IP67をクリアした耐環境設計で、エアパージユニットを標準搭載しています。蒸気や粉塵、オイルミストなどによる汚れに強く、衝撃や温度変化にも対応できるため、過酷な環境でも安定した外径測定が可能です。あらゆるプロセスの中に導入して常時露光で連続測定が可能なため、異常発生をリアルタイムに把握し、即時対応することができます。加工後の検査で大量の不良が発覚するということがないため、あらゆる環境で歩留まり率向上を実現することができます。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器をもっと知る

測り隊.comは、測定の基礎や選び方、用途別アプリケーション紹介、レーザ変位計・測定器の種類や原理、導入による課題解決事例を詳しく解説するサイトです。

厚み・幅、高さ・段差、3D検査などの測定用途、または自動車、フィルム・シート、電機・電子部品など業界別に事例を紹介。最適なレーザ変位計・測定器の選定に役立つサイトです。

寸法 / 外径 / 投影画像測定器の関連資料

外径/寸法測定器 仕様比較シート

外径/寸法測定器 仕様比較シート

キーエンスの外径測定器・寸法測定器・投影画像測定器の豊富なラインナップから、それぞれの特徴やスペックをわかりやすく紹介。仕様を比較しやすくまとめ、導入目的や環境に合った測定器の選定に役立つ資料です。

マルチ外径測定器を使ってみませんか?

マルチ外径測定器を使ってみませんか?

インライン/オフラインの両方で使えるマルチな投影型外径測定器の測定原理やメリット、従来の測定器での課題をどのように解決できるかなどを詳しく解説しています。外径測定を改善したい方に、おすすめの1冊です。

インラインの寸法測定に選ばれる理由

インラインの寸法測定に選ばれる理由

「世界初のインラインで使える投影機」として登場した、TMシリーズ。独自のメカニズムやメリットを、従来の外径測定・寸法測定方法と比較しながら解説します。インライン投影画像測定器の理解に役立つ資料です。

KEY Applications & Technologies [ケーブル/ファイバー]

KEY Applications & Technologies [ケーブル/ファイバー]

ケーブルやファイバーなどの長尺ワークを扱う現場では、切れ目なくワーク全長を連続測定できる、投影画像測定器/透過型寸法測定器が活躍します。実績のある具体的な使用例を掲載。長尺ワークを扱う方は必見です。

外径測定器 +αのご提案

外径測定器 +αのご提案

これまでの外径測定における課題解決だけではなく、+αのメリットを得ることができるLS-9000シリーズ。高輝度グリーンLED光源のメリットやカタログ・Webサイトでは語りつくせない便利機能を一挙に紹介します。