樹脂医療器具のレーザー印字事例
(カテーテル/注射針ハブ/チューブ/シリンジ/ボトル)

多色樹脂製品へのアプリケーション

樹脂の医療器具では、薬品の入れ間違いや取り間違いを防止する観点から、人の目で識別しやすいようさまざまな色の樹脂が使われています。樹脂の材質が多岐にわたるとレーザーマーキングにも高い発色性が求められるため、光吸収率の高いUVレーザーマーカーのニーズが拡大しています。

注射針のハブへ目印
針のハブへ目印
カテーテルコネクタへ品番
カテーテルコネクタへ品番
医療用チューブへ2Dコード
医療用チューブへ2Dコード
シリンジ(本体/袋):目盛/日付
シリンジ(本体/袋):目盛/日付
医療器具カバー
医療器具カバー
薬液ボトル
薬液ボトル
カテーテルへの穴あけ
カテーテルへの穴あけ

高ロバスト印字のご提案

[課題点]印字困難な樹脂への印字要求

[課題点]印字困難な樹脂への印字要求

樹脂の医療器具では、薬品の入れ間違いや取り間違いを防止する観点から、人の目で識別しやすいようさまざまな色の樹脂が使われてます。樹脂の材質が多岐にわたるとレーザーマーキングにも高い発色性が求められるため、光吸収率の高いUVレーザーマーカーのニーズが拡大しています。

[解決策]樹脂の印字に最適なUVレーザー

UVレーザーは、基本波長レーザー(IR/1,064nm)やグリーンレーザー(SHG/532nm)に比べて、素材への吸収率が格段に高く、照射された光が効率良く印字面で吸収されます。そのため、必要以上にパワーを上げる必要なく、視認性の高いマーキングが可能です。
UVレーザーは各材質への対応範囲が広く、製品へ使用される樹脂材質変更のリスクにも対応できます。

各種材質[樹脂]ごとの吸収率
各種材質[樹脂]ごとの吸収率

材料の変化に左右されにくい高いロバスト性

材料変更による発色低下の抑制や成型品の表面状態の変化、樹脂のLOT変更によるレーザーの印字条件のわずらわしい再調整が不要になります。高発色性による高いロバスト性(外乱に対する強さ、またその性質)で、良品範囲の広い運用が可能です。

  現在 材質の変更
材質
基本波長
レーザー
× ×
UV
レーザー

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら