三次元測定機 / レーザートラッカー

「誰でも・どこでも・簡単に」を実現した卓上型三次元測定機と、大型ワークの三次元寸法を1人で測定できるワイドエリア三次元測定機。ハンディプローブの採用により、ワークへの自由なアプローチが可能で、ハンドツールのような使いやすさでありながら、三次元寸法の高精度測定を可能にした新発想の三次元測定機です。 三次元測定機 / レーザートラッカー

三次元測定機 / レーザートラッカーの商品一覧

生産終了品:
  • ハンディプローブ三次元測定機  XM シリーズ

    XM シリーズ - ハンディプローブ三次元測定機

    ハンディプローブ三次元測定機「XMシリーズ」は、「誰でも・どこでも・簡単に」を実現した三次元測定機です。従来の門型の三次元測定機と違い、手持ちのハンディプローブを対象物に当てるだけ。まるでノギスのような直感的な操作感覚で、手軽に本格的な三次元測定ができます。ハンディプローブには小型カメラを内蔵しており、カメラからの画像を見ながら操作できるため、測定している箇所が手に取るようにわかります。簡単インターフェースで、測定者の習熟度や知識を問わない三次元測定を実現しました。また、どこでも使えるコンパクトな卓上サイズに、必要な機能をすべて搭載したオールインワン設計。現場やオフィスなど好きな場所に設置でき、温度や振動といった環境の影響を受けることなく測定することができます。

    どこでも使えるコンパクト設計

    台車で運べるコンパクトな設計です。現場の測定台や加工機の横、事務所などに置くことができ、温度10℃~35℃、湿度10%~80%の環境なら正確に測定することができます。測定に使用するハンディプローブはデリケートな構造を持たないため、現場のハードな環境でも使用可能。一般的な三次元測定機のように、クリーンな環境を整える必要はありません。持ち運びができて温度や湿度を気にすることなくどこでも使え、手軽に測定できる「XMシリーズ」は、設計部門はもちろん製造現場の多様な測定ニーズに応える三次元測定機です。

    加工現場でも

    オフィスでも

    検査室でも

    誰でも測れる操作性

    ノギスを扱うような簡単な操作で三次元測定を実現します。測定操作は、測りたい場所にプローブを当てるだけ。また、コンパクトなボディーでありながらカメラ視野は幅600mm×高さ380mmとワイド。大きな対象物も測定でき、カメラ視野の中にプローブがあれば、自由な角度から測定箇所にアプローチできます。さらに、プローブの先端に搭載したカメラが映し出すカメラ画像と3D画像が連動し、測定箇所、要素名、測定結果とカメラ画像を同時に表示。初めて三次元測定機を扱う方でも、どこを測定しているかを直感的に理解できます。

    曲げの角度

    原点からのXYZ座標

    カメラ画像と測定結果を同時に表示

  • ワイドエリア三次元測定機  WM シリーズ

    WM シリーズ - ワイドエリア三次元測定機

    ワイドエリア三次元測定機「WMシリーズ」は、大型ワークの三次元寸法を簡単に測定できる三次元測定機です。ワイヤレスプローブによる直感的な操作感とワークへの自由なアプローチで、最大10mサイズのワークを1人で測定可能。また、専用スーツケースに入れてどこでも移動できるポータブル設計のため、対象物を移動させることなく、現場でそのまま測定することができます。従来の三次元測定機やハンドツールでは、測定範囲が限られる、複数人での測定を強いられるなどの問題点がありましたが、WMシリーズはそれらの問題をすべて解消しました。大型サイズのワークを思い通りに測定できる、まったく新しい三次元測定機です。

    ポータブルサイズ&広視野測定を実現

    持ち運びができ、どこでも測定できるポータブルサイズのレーザートラッカーです。357.3mm×327.7mm×250.9 mmという小さなボディーでありながら、幅10m、距離5m、左右±90°、上下±30°の広範囲測定が可能。小さなボディーに搭載したムーバブルカメラとプローブサーチカメラが、プローブの位置と姿勢を高精度に認識し常に追跡。どこにプローブがいても瞬時に位置を認識します。さらに、設置から測定開始までの時間はわずか2分。「WMシリーズ」は、ポータブル&簡単セッティングで、あらゆる場所での三次元測定を可能にするレーザートラッカーです。

    専用ケースに入れて持ち運びができます。

    2本のケーブルをつなぐだけ。

    電源起動後、暖機運転することなくすぐに使えます。

    ワイヤレスプローブが自由なアプローチと簡単操作を実現

    ノギス感覚で自由に手軽に三次元測定ができるレーザートラッカーです。ワイヤレスプローブは、門やアームなどの駆動部がないため、自由なアングルから測定できます。測定は手元のモニタで測定要素を選び、対象物にプローブを当て、ボタンを押すだけの3ステップで完結。また、プローブに搭載されたタッチパネルモニタは測定部分の表示はもちろん、パソコン画面と同じ操作が可能です。さらに、図面に手書きするような感覚で、モニタに手書きしてメモを残すこともできます。「WMシリーズ」は、自由なアプローチ&簡単操作で、測定作業に不慣れな方でも簡単に扱えるレーザートラッカーです。

    要素を選ぶ

    プローブを当てる

    「MEASURE」 ボタンを押す

生産終了品

三次元測定機 / レーザートラッカーとは

三次元測定機とは

一般に三次元測定機は測定子を対象物に当て、対象物の三次元形状を測定します。門型やフロア型、卓上型などがあり、門型は温度管理された測定室に設置し、フロア型や卓上型は測定したい場所に設置して使用します。また、正確に対象物を固定し、あらかじめプログラムした位置に測定子を当てて測定するタイプや、ハンディプローブのスタイラスを測定箇所に当てて測定するタイプがあります。ハンディプローブの場合、測定機のカメラがハンディプローブの位置を検出し、三次元情報を読み取ります。これらの原理により、三次元測定機は対象物の寸法・位置関係・輪郭形状・幾何公差などを高精度に測定します。

レーザートラッカーとは

レーザートラッカーは対象物に接触させたターゲットにレーザー光を照射し、ターゲットから反射されたレーザー光が発光源に戻ることで、ターゲットの三次元位置を決定する光学式測定機です。レーザーの発光源は、ターゲットからの反射光を追いながら発光部・受光部が動くことから、「トラッカー」(追従するもの)という名前が付いています。これらの原理により、レーザートラッカーは門型やフロア型、卓上型の三次元測定機に比べて測定箇所へのアプローチが自由であることや、大型の対象物の測定が可能であるなどの特長があります。そのため、主にアッセンブリ後の製造装置や自動車など、大型の構造物の測定に用いられ、三次元測定機やハンドツールでは不可能な三次元測定が可能です。

三次元測定機 / レーザートラッカーのメリット

三次元測定機 / レーザートラッカーのメリット1:複雑な形状を評価・測定

三次元測定機やレーザートラッカーは、ノギスやマイクロメータなどのハンドツールでは測定が困難な、立体の複雑な形状の評価・測定が可能です。これにより、自由曲面の評価や仮想点の位置の算出、仮想点や仮想線を使った測定が可能です。

三次元測定機やレーザートラッカーは、たとえば仮想原点から特定の点(穴など)の三次元的な座標など、ハンドツールの簡易的な測定器では困難な測定が可能です。
さらに測定データを記録できるので、各種の演算によって対象物の寸法・位置関係・輪郭形状・幾何公差など、さまざまな値を算出することが可能です。なお、三次元測定機には、接触式と非接触式がありますが、精度や用途、ワークの形状などにより使い分けられています。

三次元測定機 / レーザートラッカーのメリット2:誰でも高精度な測定ができる

三次元測定機やレーザートラッカーは、ハンドツールによる測定のような、高い習熟度は必要ありません。測定者による誤差は少なく人為的ミスが測定結果に影響することを低減できます。また、作業する時間が短くなるため、高い品質維持と納期の短縮が可能です。

直線状の特定の2点であれば、ハンドツールによるアナログな方法でも測定できます。しかし、この方法では測定者の習熟度や測定工具の精度誤差によって、測定精度の信頼性が変化します。また、直交座標距離や複雑な形状、深部の測定には不向きです。
三次元測定機やレーザートラッカーは、一般的に測定者の習熟度を問わず高精度な測定ができます。さらに、1度作成した座標のまま移動して同じ3次元座標で測定を続けることができるなど、効率の良い測定を可能にする機能を搭載しています。これにより、測定者の違いによる誤差を抑え、信頼性の高い測定結果を取得することが可能となっています。

三次元測定機 / レーザートラッカーのメリット3:3Dデータの作成や設計値との比較が容易

三次元測定結果をデータ出力することができます。また、3D CADデータを読み込むことができます。これらの機能は3Dデータの作成や設計値と測定値の比較を容易にし、三次元測定機やレーザートラッカーの大きな特長といえます。

測定結果をCADデータとして出力できます。これにより、CADデータ作成の工数を大幅に削減することができます。また、3D CADファイルを読み込むことができます。この機能により、3D CADファイルから読み込んだ形状と、測定対象物の形状を比較測定できます。さらに、3D CADデータとの差分を測定中にカラーマップ表示するこが可能。カメラ画像と重ね合わせ、直感的に「そり」や「うねり」を確認するなど自由曲面、輪郭度測定に対応しています。
これらの特長を活かし、最近では既存部品や標準部品の三次元寸法を測定し、そのデータを基に3Dプリンタで試作品を製作といったリーバスエンジニアリングへの活用も見られます。

三次元測定機 / レーザートラッカーの導入事例

プレス・板金業界:段差・穴ピッチの測定

ハンディプローブ三次元測定機「XMシリーズ」は、プレス加工または板金加工で製作した、段違いの面に開いた穴と穴の中心間の距離や、プレス・板金の曲げ角度・段差を測定することができます。また、穴の位置は仮想線(面と面の交線)を用いて、穴位置までの距離を測定することができます。
XMシリーズには、測定内容に応じたメニューが搭載されています。たとえば、交線から穴中心までは「交線」ツール、仮想点からのボス形状ネジ穴のXY座標は「要素指定座標系」ツールで測定します。このように、段差のある面に開いた穴のピッチや板金の曲げ角度などハンドツールでは難しい測定も、「XMシリーズ」ならツールを選んでプローブを当てるだけで簡単に正確な測定が可能です。

金属切削業界:幾何公差の測定と3D CADデータ比較

ハンディプローブ三次元測定機「XMシリーズ」は、幾何公差を測定できます。
穴のピッチ・位置のXY座標での測定や、位置度を測定できます。また、加工面の平面度、平行度、直角度も測定でき、離れた位置にある円中心のズレ(同軸度)、加工面の輪郭度測定ができます。そして、これらはすべてツールを選んでハンディプローブでタッチするだけの簡単操作で測定可能。
さらに、3D CADデータを読み込むことができるので、測定データと3D CADデータを比較することができます。3D CADデータとの差分(肉厚の残り具合、削り残し)を数値化し、カラーマップで可視化することで、その違いを直感的に把握することができます。

大型装置製造業界:加工機上の大型部品測定

ワイドエリア三次元測定機「WMシリーズ」は、広範囲を高精度で測定できるレーザートラッカーです。測定範囲は幅10m、距離5m、左右±90°、上下±30°。コンパクトなカメラ機構は、測定範囲内ならハンディプローブがどこにあっても正確に位置を読み取り測定が可能。マシニングセンタや立旋盤にセットした大型の加工品も、正確に測定できます。これまでコンベックスや長尺ノギス、大型マイクロメータで測定していた、マシニングセンタや立旋盤にセットした大型加工品も、「WMシリーズ」なら1人で測定誤差がなく測定することができます。

自動車部品製造業界:アッセンブリ後の部品の測定

ワイドエリア三次元測定機「WMシリーズ」は、プレスや板金の溶接、アッセンブリ後の位置関係や形状を3D CADデータと比較測定できます。大型板金加工品の穴ピッチ・曲げの角度などが簡単に測定でき、寸法測定はもちろん位置度や直角度、平面度といった幾何公差にも対応しています。また、従来の三次元測定機では駆動域に制限があり操作が難しかった測定も、ワイヤレスハンディプローブで自由にアプローチして測定できるため、1人でも簡単に測定することができます。さらに、ワイヤレスハンディプローブを使っているにもかかわらず、繰り返し精度±10μmの高い測定精度を実現。広範囲の対象物を高精度でワイヤレス測定することができます。

三次元測定機 / レーザートラッカーに関するよくあるご質問

ハンディプローブ三次元測定機「XMシリーズ」は、幅600mm・高さ380mmまで測定でき、ワイドエリア三次元測定機「WMシリーズ」は、水平方向10m・高さ方向5mまで測定できます。どちらも門やアームなどの駆動部がないため、自由なアングルから測定できます。また、ユーザーインターフェースは、画像やアイコン・動画を使った操作フローなど、誰にでも親しみやすいデザインになっています。さらに、「XMシリーズ」は本体、また「WMシリーズ」はプローブに搭載されたモニタを見ながら測定が可能、温度管理された測定室も不要など、「どこでも誰でも使える」にこだわった設計です。
ハンディプローブ三次元測定機「XMシリーズ」もワイドエリア三次元測定機「WMシリーズ」も、商品到着後、専任担当による『取扱説明』や『基本的な考え方』に関する説明会を実施します。説明会後は、商品に同梱されている『自習キット』で説明会の理解度を確認いただけます。使用中のご質問には、営業所に常駐した専任のスタッフが、電話やFAX、メールで対応します。また、定期的な校正は、プローブやカメラなどを専用のケースに入れてキーエンスへ送るだけ。面倒な手間なく校正が可能で、校正中は無償で代替機を貸し出しいたします。
このように、直販体制により豊富な専門知識を持った技術営業がお客様を直接サポートするため、安心してお使いいただけます。
リースでの導入メリットは、日進月歩で進化し続ける最新の測定機を常に使い続けることができるという点です。高価な測定機は一度購入すると次の機種に更新するタイミングが難しく、陳腐化した測定機を使い続けなければならないケースが多く見られます。しかし、リースを利用すると、まとまった資金がなくても最新設備が導入できます。また、弊社提携リース会社でご契約いただくと、正常な使用状況での故障につきましては、納品後5年間修理を無償で対応いたします。ファイナンスリースなら、毎月のリース料を全額会社の経費扱いすることができ、固定資産にならないので「お得」かつ「手軽」にご利用いただけます。本社稟議や、購買部署を通した購入が不要となるケースもありますので、ぜひご相談ください。
ワイドエリア三次元測定機「WMシリーズ」の繰り返し精度は±10μmです。コンパクトな設計で、広範囲でワイヤレスハンディプローブによる自由な測定が可能でありながら、高い精度を実現しています。また、カメラユニットの内部には、周囲の振動が測定に影響を及ぼさないかどうかを診断できる環境診断機能を搭載。製造現場のようなハードな環境下でも高い耐久性と剛性の設計で、周囲の影響を受けない安定した高精度測定を簡単に実現できます。さらに、面倒なキャリブレーションも、スタイラスの先端球を専用治具のコーンに固定し、13点以上の異なる姿勢でボタンを押すだけ。約30秒でキャリブレーションが完了します。

三次元測定機 / レーザートラッカーをもっと知る

ものづくりにおける測定・計測の基礎知識から機器の選び方・使用方法など寸法測定に関する情報を集めた情報発信サイトです。

幾何公差についてゼロから学べるサイト。幾何公差とは何か。寸法公差との違いは。各記号の意味から測定事例まで、「読み方」と「測り方」を徹底解説。

三次元測定機 / レーザートラッカーの関連資料