SLTデータの上手な作り方CADからSTLデータへの変換

STLデータで出力する際の偏差

CADデータからどのようにしてSTLデータに変換するかは、3Dプリンタで造形を行なう上で非常に重要です。
ポイントとなるのは、STLデータで出力する際の偏差※です。偏差は、STL表面を形成する三角形をどこまで細かくするかを決めるパラメータです。
元のCADデータが同じでも、このパラメータの設定次第で仕上がりが大きく変わってきます。

ポイント:STLデータで出力する際の偏差の設定次第で仕上がりが大きく変わる

※3D CADソフトによって名称が異なる場合があります。(3D精度、公差、距離、弦の高さ、角度、角度制御、ファセット、エッジの最大長さ、エッジからサーフェスの最大距離など)

偏差を粗くしたものと細かくしたもので比較した例

偏差を粗くしたものと細かくしたもので比較した例

3Dプリンタで表現できる最適なレベルに合わせて偏差を設定する

3Dプリンタでは、最小分解能の1/2程度の設定で、必要十分な表面のなめらかさになります。実際に適正値で出力したデータとそれ以上に細かくしたデータで造形結果を比較してみましょう。

3Dプリンタで表現できる最適なレベルに合わせて偏差を設定する

ポイント

  • ・最小分解能の1/2で十分
  • ・より細かく指定しても仕上がりは変わらない

データ容量は約4倍違いますが、造形物の仕上がりでは違いは見られません。仕上がりが同じであれば、データは軽い方が扱いやすくなります。
適正な設定で出力することは、より快適に必要なモデルを手に入れるための手助けとなります。

STLデータ保存までの流れの一例

SOLIDWORKSの場合の変換手順

  • 1メニューバー[ファイル]より[指定保存]を選択します。

    メニューバー[ファイル]より[指定保存]を選択します。
  • 2STLデータを保存する場所を指定します。

  • 3[ファイルの種類]から[STL]を選択します。

    ファイルの種類]から[STL]を選択します。
  • 4[ファイル名]は、デフォルトの名前を使用、または新しい名前を入力します。

    設定数値
  • 5[オプション]を選択します。

    [オプション]を選択します。
  • 6 エクスポートオプションより以下の設定を行ないます。
    終了後、[OK]ボタンを選択します。
    出力フォーマットを[バイナリ]、
    偏差を[0.01mm]、角度を[5deg]に設定します。

    ポイント

    解像度: STL データの表面出力精度をコントロールするメニュー。

    偏差・角度:設定数値が小さいほど、面の精度は正確になる。

    [ファイル名]は、デフォルトの名前を使用、または新しい名前を入力します。

    (例)キーエンスの3Dプリンタアジリスタなら積層ピッチが15μmなので、偏差は約1/2の0.01mm(10μm)に設定します。

    エクスポートオプション
  • 7[保存]ボタンを選択します。

  • 8確認のダイアログボックスが表示されるので、[はい]を選択します。

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る

設計の精度を高める
3Dプリンタ
高精細
3Dプリンタ
AGILISTA
シリーズ
カタログで詳しく見る
ご購入者様限定アジリスタユーザーサポート