段取り替え不要装置

事例3.段取り替え不要装置

1つのダイカストマシンで、複数品種を製造するケースが増えています。
形状の異なる品種へ印字する場合、従来はレーザーマーカーの焦点距離にあわせてワークを設置する煩雑な段取り替えが必要でした。
3次元制御レーザーマーカーであれば、1つのボックスで複数品種に対応するフレキシブルな装置設計が可能です。ワークの大きさ、印字箇所を登録しておけば、設定番号を切り換えるだけの簡単品種切り換えを実現します。

メリット

  • 作業工数削減
  • 設備簡略化
  • 処理速度アップ
  • 印字品質安定

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら