2次元コード印字品質をダブルチェック

2次元コード印字品質をダブルチェック

2次元コードを使用してトレサビリティの管理を行う際の一番の問題は、印字したコードが突然読み取れなくなる事です。
そのようなトラブルを未然に防ぐためには印字工程とその後の読取工程での双方の品質チェックが有効です。サーモパイル式パワーモニタ内蔵レーザーマーカーでは印字時の出力を実測値で測定可能。2次元コードリーダでは読取可否だけでなく、読取の余裕度まで見える化します。2つのチェック機構で2次元コードの品質低下を未然に防ぐ事が可能です。

メリット

  • 印字品質安定
  • 歩留まり改善
  • 予知保全
  • 設備安定稼働

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら