極小マーキング

極小マーキング

ウエハチップへの2次元コード印字

WL-CSPへのLOT番号印字は一般的な印字事例となっていますが、最近では2次元コードの印字ニーズも高まってきました。1mm×1mmのスペースにDataMatrixを印字し、ウエハの座標情報をトレサビリティの目的で管理するニーズが高まっています。

マイクロマーキング

マイクロマーキング

限られたスペースへ情報を入力するために、より微細なマーキングが必要です。これまでのレーザーマーカーではなしえなかった微細マーキングを実現。掘り込みを抑え製品へのダメージを低減させる印字や、深く掘り込む印字など、多様な方式を選べます。

シリコンウエハへのマーキング

シリコンウエハへのマーキング

仕上げ後のウエハは発塵を嫌うため表面のダメージを抑えたマーキングをする必要があります。この場合では基本波長ではなくグリーンレーザーが選択されます。

LED セラミックパッケージへの印字

LED セラミックパッケージへの印字

スペースがなく数桁のLOT印字のみの要望が多かったセラミックパッケージでも、シリアル情報の印字の必要性が高まっています。セラミックへの印字は、多くの熱量が必要です。2次元コードを印字する際は、書き順を工夫して熱エネルギーを効率的に与えるような印字方法が有効です。

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら