解析ソフトとの使い分け解析ソフト(CAE)を取り入れたツールの使い分け

解析ソフト(CAE)の場合

解析ソフト(CAE)は実際の試作品を作らずに仮想的実験ができるため、何度評価をおこなってもコストがかからず、短期間で設計の品質を上げられます。また、部材の応力の状態、空気や水の流れる様子など目に見えない現象を可視化できる点もメリットです。
さらに、3次元画像なら、工学的な技術計算で示される設計根拠に詳しくない人にも、理解されやすいため、設計審査などで第三者から意見を集約する際のコミュニケーションツールとしても活用できます。

ポイント

  • 試作品なしで仮想的実験が可能
  • コストがかからない
  • 短期間で設計の品質がアップ
  • 目に見えない現象を可視化
  • 3次元画像で理解しやすい
解析ソフト(CAE)の場合

以上のように、解析ソフト(CAE)は試作品を製作することなく仮想評価ができ、3Dプリンターは早いスピードで試作品製作による評価ができます。そのため、どちらか一方の方法だけを採用するのではなく、設計プロセスによってそれぞれを上手く使い分けることがコスト削減、リードタイム短縮、設計品質の向上につながります。

国産高精細3Dプリンタ アジリスタ トップへ戻る