測定の基礎
校正について

工業製品を対象とした「校正(Calibration)」は、実機の値と基準値との差異を把握する一連の作業を意味します。

測定器で得られた値が期待する値でなくなると、サポート窓口などに連絡して校正を依頼します。
校正の結果、測定器の調整が必要であると判断された場合には、メーカーにて最適な状態への調整がおこなわれます。これにより、製造工程や検査工程において、安定した品質を維持することができるようになります。
測定器は一定期間の使用を続けると、測定値に変化が生じることは一般的に起こり得ることであり、定期的な校正と調整は必須であると言えるでしょう。

校正証明書

測定器の校正結果を示すものに「校正証明書」があります。測定器の定期メンテナンスと合わせて校正を依頼した際、返却時に添付される書類です。校正を担当したメーカーや事業者が、明確に「校正」を行ったことを証明する判断基準にもなります。

これに類するものとして「試験証明書」「検査報告書」などがあります。

メーカーによって呼称が異なることもありますが、用語は以下のように定義されています。

校正
(Calibration)
計器又は測定系の示す値、若しくは実量器又は標準物質の表す値と、標準によって実現される値との間の関係を確定する一連の作業。
備考:校正には、計器を調整して誤差を修正することは含まない。
(JIS Z 8103)
試験
(testing)
手順に従った、適合性評価の対象の一つ以上の特性の確定。
備考:試験の代表的な適用対象は、材料、製品又はプロセスである。
(JIS Q 17000)
検査
(inspection)
製品設計、製品、プロセス又は据付けの調査、及びその特性要求事項に対する適合性の確定、又は一般要求事項に対する適合性の専門的判断に基づく確定。
備考:プロセスの検査は、人、施設、技術的手法及び方法の検査を含むことがある。
(JIS Q 17000)

トレーサビリティ体系図

測定の基礎をPDFで読む

  • 測定の基礎
    保護構造
    について
  • 測定の基礎
    測定器選定に必要な
    用語解説

HOMEにもどる

0120-840-860 お電話でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはお電話でも 0120-840-860

「測り方/選び方」がわかる、超簡単ガイド!

測り隊.com

測定の基礎
用途から選ぶ
測定器の種類
導入事例

ページトップへ戻る