測定の基礎
公差と測定精度について

公差とは

ある基準値をもとにした、許容される誤差の最大寸法と最小寸法の差を「公差」と呼びます。
例えば、長さが50mmの円柱を製造するときに、±0.1mmまでの誤差であれば合格品とすると規定していた場合に、「公差は±0.1mm」という言い方をします。

図面上で長さを50mmと規定していたとしても、実際の製造物がぴったり50mmに仕上がることはほとんどありません。どんなに高精度な加工機器を用いても49.997mm、50.025mmのようにわずかな誤差が生じます。
また、製造物が規定通りの長さ(50mm)に仕上がっているかを確認するための測定においても、変動要素が影響して測定値がばらつきます。変動要素として、気温や湿度の変化による材質の膨張/収縮、測定時の接触圧による変形などがあります。

上記のとおり、製造工程や検査工程においては、設計値に対する誤差を考慮する必要があります。
もし、この誤差を許容できない場合、ほとんどの製造物は不合格になってしまうとも言えるでしょう。
設計値をもとに、各工程でのばらつきが生じることを前提にして、誤差として許容できる範囲(品質を維持できる範囲)を設定することが、公差の役割となります。

測定精度とは

精度とは、測定の正しさの程度を表す尺度です。
「この測定器は精度が高いので、期待する測定結果が得られるだろう」
「測定の精度が落ちてきたので、キャリブレーションが必要かもしれない」
といったように使われます。
この尺度を測定工程に適用したものが測定精度です。使用する測定機器の精度をもとに、どれだけ正確な結果が得られるかを判断する尺度(指標)となります。

測定器の測定精度が高い(=より緻密に測定できる)ほど、正確に測定をおこなうことができると言えます。

公差と測定精度の関係

長さが50mm、公差が±0.1mmの円柱を製造(49.9mm~50.1mmが合格)するときに、以下のような測定器で検査をおこなうと仮定します。
・測定器A:精度± 0.001mm
・測定器B:精度± 0.01mm
・測定器C:精度± 0.03mm

このときに、合格と判定される範囲はそれぞれ以下のようになります。
・測定器A:49.901mm~50.099mmを合格と判定
・測定器B:49.910mm~50.090mmを合格と判定
・測定器C:49.930mm~50.070mmを合格と判定

上記から、測定器の精度が高いほど、より正確な結果を得られることが分かります。また、誤って公差内の合格品を不合格と判定してしまう割合を減らすことができます。

基準品50mm、公差±0.1mmの場合
基準品50mm、公差±0.1mmの場合

測定の基礎をPDFで読む

  • 測定の基礎
    国際単位(Si)について
  • 測定の基礎
    測定誤差について

HOMEにもどる

0120-840-860 お電話でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはお電話でも 0120-840-860

「測り方/選び方」がわかる、超簡単ガイド!

測り隊.com

測定の基礎
用途から選ぶ
測定器の種類
導入事例

ページトップへ戻る