インバータへのレーザー印字

インバータへのレーザー印字

蓄えた電気を直流から交流に変換して、交流同期モーターに供給する装置です。車は幅広い回転域でモーターが駆動するため、供給する電気をきめ細かくコントロールしており、耐久性に優れた交流同期モーターを制御する上で必要不可欠な装置となります。

A:基板へ2Dコード/文字列印字
ガラエポ基板への印字です。レジスト部を剥離した際の異物発生を抑制するダメージレス印字が求められます。
B:冷却装置へ2Dコード印字
インバータに搭載される冷却装置にも2Dコードを印字することで、どんな仕様の冷却装置が搭載されたかをインバータ本体の情報に紐づけて管理しています。
C:ケースカバーへ品番印字
従来はラベルを貼るケースが一般的でしたが、コストダウン・デザイン変更の容易化を背景にレーザー印字が広がっています。
D:アルミ鋳造部へ2Dコード/文字列印字
アルミ鋳造されたケースは製品公差によってサイズが数ミリ異なる場合があります。ハンディリーダでの読み取りが必要とされるケースが多く、焦点ズレによる印字不良がないレーザー印字が求められます。

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら