ミリ波レーダーへのレーザー印字

ミリ波レーダーへのレーザー印字

ミリ波レーダーは100m以上先の広範囲を検知できるセンサです。前方は前を走る車両との車間距離の測定、後側方はドライバーの死角になりやすい車両や歩行者の検知、前側方は交差点などでの出会い頭事故回避などに使われます。

A:ケースに規格マーク印字
ミリ波レーダーのように電波を発する機器は輸出する国ごとの規格認証を得る必要があります。この規格認証マークは輸出対象国が増えるたびに追加されるため、デザイン変更の容易なレーザー印字が主流となっています。

マーキング学習塾 トップへ戻る

マーキング事例ギャラリー 印字改善と実例を「見る・知る」サイト。マーキング機器における課題解決例や現場に役立つ印字事例を多数掲載! 詳しくはこちら