• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 3測定機の種類と特徴
ノギス/ハイトゲージ(デプスゲージ)

概要

ノギスは、長さ(外形)の測定をはじめ、内径や段差などを測ることができる測定器です。取扱いが簡単で比較的精度の高い測定が可能であることから、物づくりの現場で広く普及しています。最近はデジタル式のノギスを目にする機会が増えています。
一般に使用されているノギスは、M型ノギスと呼ばれるもので、これに対して大物を測るのにBC型ノギスがあります。

構造と用途

・長さ(外形)の測定…測定対象をジョーではさんで、メインスケールとバーニアスケールの値を読みます。

・内径の測定…測定対象の間にクチバシを差し込み、隙間ができないように広げて測定します。

・段差の測定…デプスバーもしくはステップを用いて、穴や段差に差し込んで測ります。

ノギスの主な使い方

1. 測定時はメインスケールの部分を握りながら、親指でスライダーを動かし、ジョーの両端で対象物をはさみます。このとき、スライダーを強く押しすぎると、ジョーが傾いて正確に測定できません。また、円筒形を測定する際はジョーの平行面でしっかりはさみます。

2. ノギスの目盛りは、メインスケールとバーニアスケールの組み合わせで読み取ります。バーニアスケールはメインスケールの一目盛りを20分割したもので、0.05mm単位まで測定できるのが一般的です。

3. バーニアスケールは、左から見ていって、メインスケールの目盛りと重なっている箇所で読み取ります。

取扱いの注意点

・ 測定時、スライダーに必要以上の力を加えすぎると、ジョーがたわむことで誤差が生じる恐れがあります。

・ 目盛りがゼロの状態で、ジョーの合わせ目から光が漏れない状態が正常です。

・ 特にクチバシやデプスは取扱いが乱暴だと変形などを生じやすいので、注意が必要です。

・ 定期的に測定精度が合っているかの確認をしましょう。簡単な方法としては、ブロックゲージで測るのが便利です。

・ ノギスおよびハイトゲージ、デプスゲージの校正周期は、6か月~2年です。

ハイトゲージとデプスゲージ

ハイトゲージおよびデプスゲージは、ノギスの仲間といえます。ハイトゲージは、ダイヤルゲージと組み合わせることで高さの測定を行なうことができます。一方、デプスゲージは段差の測定に用います。

ハイトゲージとデプスゲージ

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

  • 「測定器ナビ」印刷用PDF
  • デモ依頼
  • 商品選定相談
  • 置いて押すだけ画像測定IMシリーズ

    置いて押すだけ画像測定
    IMシリーズ

  • 高精度3D粗さ測定VKシリーズ

    高精度3D粗さ測定
    VKシリーズ

  • ワンショット3D測定VRシリーズ

    ワンショット3D測定
    VRシリーズ

  • ハンディプローブ三次元測定機XMシリーズ

    ハンディプローブ三次元測定機
    XMシリーズ

インライン向け測定器はこちら