CHAPTER 2測定を行う環境

ISO9001に基づく測定機器の管理

近年、測定機器の管理を徹底するだけでは十分といえず、マネジメントシステムに基づく管理を通じて客観的な認証を得ることが求められています。その背景には、工業製品が国際的な基準からみて信頼される仕様であることを証明する必要に迫られていることが挙げられます。
具体的には、ISO9001の認証取得を通じて測定機器の管理を行なうことが広まっています。また、社内での管理体制を整えるためには、ISO9001に基づき「測定機管理規定」を定めて、測定機器の管理を適正に行っていきます。
現在、各企業とも計量トレーサビリティへの対応が求められ、顧客に対して測定の信頼性を証明する必要があることから、企業の規模を問わずISO9001に基づいた校正がモノづくりの現場で浸透しています。

測定器ナビ トップへ戻る