CHAPTER 3測定機の種類と特徴

CNC画像測定機

概要

投影機や測定顕微鏡と同じく、画像を用いて測定を行なう非接触式の装置です。
CNCとはComputer Numerical Controlの略で「コンピュータ数値制御」を意味し、画像処理技術に基づいて高速かつ高精度での自動測定を可能にしています。生産現場でFA化が進む中で、発展を遂げてきました。
高精度な測定のほか、製造ラインにおいて部品などの良否確認で重宝されています。最近の機種は高精度なCCDを用いて、カラー画像での観察が可能となっています。また、ソフトウエアの進化で多彩なエッジ検出ができるほか、複雑な演算に対応しています。

構造と用途

CNC画像測定機の構造と用途
A
CCDカメラ
B
測定物設置ステージ
C
制御盤

CNC画像測定機の主な使い方

  1. 対象物は測定室にあらかじめ5時間以上置き、室温(一般的に20°C)にならすことで、熱膨張による誤差を防ぎます。
  2. ステージに対象物をセットして、画像の読み取り、エッジの検出を行います。
  3. 補助的にレーザ光やタッチプローブで測定できる機種もあります。
  4. 計測値は各種のCADデータとして出力が可能です。

取扱いの注意点

  • 校正用のチャートを用いて、オートフォーカスの精度などを定期的に確認する必要があります。

測定器ナビ トップへ戻る