CHAPTER 4測定機の選び方

測定環境から選ぶ

製造現場
製造現場
測定室
測定室
オフィス
オフィス

製造現場

金属加工をはじめとして、物づくりの現場でよく目にするのは、ノギスやマイクロメータ、ブロックゲージなどです。鋼でできた直方体で、寸法および平行度が0.1µmのオーダーで保証されており、加工物の寸法測定に重宝します。複数のブロックゲージを組み合わせることで、さまざまな長さを作り出すことができる点もメリットの一つです。
製造現場では塵埃や油、加工かすがつきものであることから、測定機器の汚染や傷つきによって誤差が生じるリスクがあります。日頃から清掃を心がける必要があります。

測定室

0.01mm単位を測るために、しばしば使用されるのがマイクロメータです。いわゆるアッベの原理に基づくため、高い精度での測定が可能です。また、ダイヤルゲージも多く使用されます。サブミクロン単位の測定では、レーザー式の測長機や画像寸法測定などが用いられ、高精度な測定が簡単にできるようになっています。
測定室は通常、室温が管理されていますが、対象物が金属の場合、熱膨張のリスクがあります。精密測定のためには、あらかじめ対象物を室温にならしておく、素手で握らない、といった配慮が欠かせません。

オフィス

製造現場に比べて、汚染などのリスクは低いものの、測定室で行なうような精密な測定は難しい環境です。また、複数の人が測定を行なうことがあるため、測定機器の管理を怠ると正しい測定ができないリスクがあります。そのため、機器の管理者や管理基準を定めておく必要があります。

測定器ナビ トップへ戻る