CHAPTER 3測定機の種類と特徴

マイクロメータ

概要

対象物をはさみ込んで、その大きさを測定する工具です。機種によっては、1µm単位まで測定が可能なものもあります。ノギスと異なり、いわゆる「アッベの原理」に準じているため、より正確な測定が可能です。
一般的にマイクロメータといえば、外測マイクロメータを指します。このほか、内測マイクロメータや3点式内測マイクロメータ、棒型マイクロメータ、デプス型マイクロメータなど測定の用途に応じて、さまざまなタイプがあります。また、フレームの大きさによって、測定可能な範囲は0~25mm、25~50mmというように、25mmごとに異なるため、対象物に合ったものを使用する必要があります。なお、最近ではデジタル式のマイクロメータが普及しています。

アッベの原理
アッベの原理とは「測定精度を高めるためには、測定対象物と測定器具の目盛を測定方向の同一線上に配置しなければならない」というものです。マイクロメータの場合、目盛と測定の位置が同一線上にあるため、アッベの原理に従っていて、測定の精度は高いといえます。

構造と用途

マイクロメータの構造と用途
A
アンビル
B
スピンドル
C
クランプ
D
スリーブ
E
フレーム
F
防熱板
G
基準線
H
シンブル
I
ラチェットストップ
  • アンビルとスピンドルの間に対象物を置き、シンブルを回転させて、両面で密着させます。

マイクロメータの主な使い方

  1. 測定前、アンビルとスピンドルの面はきれいなウエスでふいておきます。これによって汚れや埃を取り去り、正確な測定が可能となります。
  2. マイクロメータの持ち方は、左手の親指と人差し指でフレームの防熱板の部分をはさみ、右手の親指と人差し指でシンブルをつまみます。
  3. アンビルとスピンドルの間に対象物をはさみ、ラチェットストップを回して空転したところで読み取ります。
  4. 主目盛りであるスリーブとシンブルの両方から読み取ります。スリーブの右端の線で0.5mm単位まで読み取り、さらにシンブルの中央の線(基準線)に一致する目盛りで、0.01mm単位まで読み取ることができます。
マイクロメータの主な使い方
A
シンブルの目盛りが「0.15」で一致
B
シンブルの目盛りが「12.0mm」を超えている

12.0+0.15=12.15mm

取扱いの注意点

  • マイクロメータの校正はブロックゲージもしくは専用のゲージを用いて行います。また、正確な測定のためには、アンビルの面が常に平行であることが必須です。測定を重ねていくと、面の磨り減りや汚れによって平行が保たれないことがあります。そこで、定期的にオプティカルフラットという部品を用いて、表されるニュートン環(ニュートンリング)から平行であるかどうかを確認します。
  • 金属の対象物を測定するときや、ブロックゲージで校正を行なう際は、熱膨張に気をつけましょう。金属はなるべく素手で持たないか、熱が伝わらない精密作業用の手袋を使用します。
  • マイクロメータの校正周期は、3か月~1年です。

測定器ナビ トップへ戻る