• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 1測定機の基礎知識
誤差について

アッベの原理

アッベの原理は、寸法を測定する際の精度に関わる原理です。また、測定機器を設計する上で重要な指針となります。その原理とは、「測定精度を高めるためには、測定対象物と測定器具の目盛を測定方向の同一線上に配置しなければならない」というものです。
実際の測定器具に当てはめると、外側マイクロメータの場合、目盛と測定の位置が同一線上にあるのに対して、ノギスは目盛と測定位置が離れていることが分かります。つまり、外側マイクロメータはアッベの原理に従っているのに対して、ノギスは原理に従っていません。そのため、測定の精度は外側マイクロメータの方が高いといえます。

ノギスは「アッべの原理」に従っていない マイクロメータは「アッべの原理」に従っている

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

置いて、押すだけ
誰でも正確な寸法測定

必要なときに

必要な場所で