• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 2測定を行なう環境
校正と定期点検

定期検査と器差

ほかの機器と同様に、測定機器もまた使い続けることで歯車などの部品が摩耗したり、測定面がすり減ったりします。これによって、本来発揮できる精度を維持できなくなる恐れがあります。
測定機器が持つ精度のことを「器差」といいます。器差は測定値のばらつきに影響を及ぼすことから、定期点検(定期校正)を通じて不具合の有無を確認することが欠かせません。

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

置いて、押すだけ
誰でも正確な寸法測定

必要なときに

必要な場所で